「オシャレCBトリオ」の私服とは? S・ラモス、ボアテング、ピケをスタイリストが診断!

カテゴリ:メガクラブ

本庄克行

2017年06月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

S・ラモスはファッションを楽しんでいる。

写真1。(C)Getty Images

画像を見る

写真2。(C)Getty Images

画像を見る

 世界トップクラスのCBとして知られるセルヒオ・ラモス、ジェローム・ボアテング、ジェラール・ピケは、いずれもファッション好きとしても有名だ。
 
 そこで『ワールドサッカーダイジェスト』誌の人気連載『フットボーラーのファッション診断』を担当するスタイルストの本庄克行氏に、3人の私服コーディネートをチェックしてもらった。それぞれのファッションの特長とは?
 
 
■セルヒオ・ラモス
(レアル・マドリー/スペイン代表)
 
 ファッションをしっかり楽しんでいるし、センスが良いですね。マドリーの“オシャレ番長”は、間違いなくこのキャプテンだと思います。
 
 まずロングコートにストールを合わせたスタイル(写真1)は、すごく今っぽい。中心がウールで袖がレザーのコ―ト、ちょっと遊び心のある革靴でシックに決めて、アフリカン・パブリック系のストールで“外す”。ここ2、3シーズンの流行ですね。
 
 ジャケットのほう(写真2)は、髭+リーゼントでヤンチャ感を出しながらも、クラシックな英国スタイルで決めるという上級テク。サックスブルーのシャツ、襟が広がったシャツに合う幅広のネクタイ、モンクストラップの靴とコーデも素晴らしい。プロの匂いがするほどですね(笑)。
 
 カジュアル・スタイル(写真3)は、フローラル柄のジャケットが印象的。多くのブランドが取り入れているこの春夏のトレンドです。靴のボリュームが大きくて茶色もやや浮いていますが、全体的なアイデム選びは悪くないと思います。

写真3。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24