【浦和】柏木が「俺が90分できていれば…」と故障交代を悔やむ。サポーターへの想いも吐露

カテゴリ:Jリーグ

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2017年05月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内随一の攻撃力を誇る浦和が43試合ぶりのノーゴール…。

前半は司令塔として機能した柏木。しかし、怪我でハーフタイムに退いた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ・9節]大宮 1-0 浦和/4月30日(日)/NACK
 
 J1では8節までに24ゴール、ACLでは5節までに18ゴールと両コンペティションで最多得点――。そんな国内随一の攻撃力を誇る浦和が、最下位に低迷する大宮との“さいたまダービー”で、昨年6月15日のG大阪戦以来、公式戦で43試合ぶり(国内リーグでは29試合ぶり)のノーゴールに終わった。その大きな理由のひとつが、絶対的ゲームメーカーである柏木陽介がハーフタイムに退いたことだった。
 
 前半からボールを支配した浦和にあって背番号10は、長短のパスを使って組み立てから崩しの中心に。しかし、「(4日前の)ウェスタン・シドニー戦で(太腿に)打撲を負って、やりながら無理かなって。申し訳ない」と無念の交代を強いられた。
 
 浦和は後半に入って試合の流れすらも失い、63分には茨田陽生に一撃を叩き込まると、ゴールを奪えず敗れ去った。柏木が「俺が90分できていたらまたちょっと違った展開だったかなと思うけど」と振り返った通り、レフティの司令塔を失ったチームは、いつもの多彩かつスピーディーな攻撃を仕掛けられなかった。
 
「(大宮は)しっかりブロックを作ってきて、ウチはなかなかチャンスを作り切れなかった。前半は少しあったけど、点を奪い切れなかった。徹底して守って、カウンター1本でというのを相手は狙っていて、実際にその形でやられてしまったのは悔いが残る」
 
 4月はACLを含めてこの日で7試合目。試合後にペトロヴィッチ監督は「疲労の影響なのか、気温が高いせいなのか、なかなか運動量とオフ・ザ・ボールの動きの連動性、キレの部分を出せないまま試合が進んでしまった」と過密日程と暑さ(公式記録は26.8度だが日照りのピッチは30度を超えていたはず)を敗因のひとつに挙げたが、柏木の見解は少し違かった。
 
「(疲労や暑さの影響は)そんなことなかったんじゃないかなと思う。逆に、今まではバチバチやる試合をやってきて、久々に引いてくる相手と戦った感じはあった。あんまり(前からの)プレッシャーがない中で、フワッとした雰囲気にさせられたところはあったかなという気がする。だからダービーらしいというよりは、久しぶりにこういう(引いた)相手と試合をする難しさというか……。最近は(攻めに)きてくれた相手をかわす試合が多かった中で、今日は上手くいかなかった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ助っ人列伝 1993-2017
    9月20日発売
    ジーコからポドルスキまで──
    過去25年間の歴代外国人選手
    総勢1916人を一挙紹介!
    オリジナルWCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月26日号
    10月12日発売
    3大テーマから探る
    J1&J2全40クラブの
    補強戦略
    クラブダイジェストは札幌!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト  責任編集
    9月8日発売
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    欧州選手名鑑の完全決定版!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストVol.493
    10月4日発売
    ヨーロッパ主要クラブ
    「戦術・スタイル」
    最新ガイド
    特製WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.21
    7月12日発売
    夏の決定版!!
    インターハイ選手名鑑
    男子出場全55チームを網羅
    1100選手の顔写真&データ満載
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24