Pick Up!

【U-20代表】千葉とのトレーニングマッチに快勝。エース小川が貫禄の2ゴールも「これで満足したら終わり」

カテゴリ:日本代表

橋本啓(サッカーダイジェスト)

2017年04月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンバー発表前、最後のトレーニングマッチでも好調ぶりをアピール

千葉との練習試合で2得点した小川。随所でキレのある動きを見せるなど、好調ぶりを示した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

[練習試合]U-20日本代表4-1千葉/4月18日/フクアリ

 国内合宿中のU-20日本代表は4月18日、千葉とのトレーニングマッチ(30分×3本)に臨んだ。日本は8分、岩崎悠人(京都)と2トップを組んだ小川航基(磐田)が、GKが前方に出ていた隙を見逃さずミドルシュートを決めて先制する。

 その後、PKを与えて追いつかれたが2本目の19分、町田浩樹(鹿島)のロングフィードに抜け出した小川が、右足で冷静に沈めて勝ち越しに成功。さらに3本目では、遠藤渓太(横浜)が直接FKを、橋岡大樹(浦和)がCKからヘディングシュートを決め4-1で快勝した。

 エースの貫禄を見せつける2得点を決めた小川は、3月のドイツ遠征を含め、直近3試合で6得点とゴールを量産中。U-20ワールドカップメンバー発表前、最後のトレーニングマッチでも好調ぶりをアピールした。

 動きにはキレがあり、とりわけ目を引いたのが、DFの背後を突く動きだ。実際、2点目はその動きから奪ったもので、高めに設定されていた千葉の最終ライン裏を突く意識を欠かさず、鋭い動き出しから積極的にパスを呼び込んだ。

「独特な戦い方をしてくるチームに対して、裏を狙いつつ、オフサイドを取られないように心がげていましたけど、動きに工夫を入れることが大事だと思っていた。それを1本目から分かっていたうえで、2本目に生かして、ゴールにつなげられたのは良かった」

 本人もこう手応えを口にしたが、自らを戒めるように「3点目を取りにいく姿勢も大事だった。これで満足したら終わりだと思う」と、厳しく評価。結果を残しても慢心せず、さらなる飛躍を模索しながら、メンバー入りを勝ち取るつもりだ。

【U-20日本代表候補PHOTO】千葉との練習試合は小川や橋岡、遠藤の計4発で快勝!

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月13日号
    3月16日発売
    2017年版J1&J2戦術ガイド
    攻守のメカニズムを徹底分析
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストNo.482
    4月20日発売
    移籍マーケットのからくり
    複雑怪奇な世界を解き明かす
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2017年 J1&J2&J3選手名鑑
    2月8日発売
    サッカーダイジェスト責任編集
    NSK MOOK
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.19
    1月13日発売
    第95回全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月9日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24