浦和ユースの10番を背負う逸材、シマブクカズヨシ「18歳になったら決断しなきゃいけない」

カテゴリ:高校・ユース・その他

川端暁彦

2017年04月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チームが期待するのは「ゴールを奪える選手」。

高速ドリブルでサイドを切り裂くシマブク。プレミア復帰を果たした浦和ユースが誇る、攻撃の中軸だ。写真:川端暁彦

画像を見る

 苦笑いが帰ってきたのは、シマブクカズヨシが今季から背負うことになった「浦和レッズの10番」について訊いたときだ。
【PHOTO】 日本高校選抜vsU-18 Jリーグ選抜を彩った好タレントたち
 
「いや、全然軽くないです。重いです」
 
 託された番号はもちろん、大槻毅監督を始めとする浦和レッズユース首脳部からの期待の表われである。柔軟なタッチと俊敏な身のこなしを活かしたドリブル突破を最大の武器とするテクニシャンに対し、チームが期待するのは、ゴールを奪える選手になること。
 
「(10番を付けるということは)いざというとき、チームが苦しいときに点を決められる選手にならないといけない。そのプレッシャーもあります」
 
 その顔に浮かぶのはやっぱり苦笑だった。指揮官からは「どんどん点を取りに行け」とつねに言われるそうで、そのプレーがハマったときの破壊力は絶品なものがある。
 
 今季開幕前に行なわれた親善大会のイギョラカップ決勝(矢板中央戦)では、目の覚めるようなビューティフルシュートを突き刺し、観衆の度肝を抜いてみせた。本人も「あれはひとつの理想形」と語る納得の一発である。
 
 大槻監督は「ああいうゴールは結構“出せる”選手」と言いつつ、それゆえに攻守でアグレッシブさを欠く時間帯ができてしまうもどかしさも、感じているようだった。高円宮杯U-18プレミアリーグ第2節のFC東京U-18戦でも、アクティブな仕掛けでチャンスを作る場面があった一方で、弱気なプレーが顔を出すシーンもあった。
 
「もっともっといいテンポで攻撃できたし、自分はパスで逃げちゃうプレーをしていた。もう一歩仕掛けて、ゴールを取りに行かなきゃいけなかった」
 
 課題だったハードワークの部分は大槻監督に怒られながら、ユースでの3年間を通じて着実に向上してきた。ただ、その背番号にふさわしい“怖い”選手になるためには、もうひと伸びが必要だ。
 

待望の決定版が完成!! 2017インターハイ選手名鑑は7月12日水曜日に全国発売!!id=498

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24