【札幌】新アンカーとして宮澤裕樹が発揮した数字では表わせない凄み

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2017年04月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動きはダイナミックで繊細。サッカーIQの高さを証明した。

攻守に渡って抜群の存在感を発揮した宮澤。ゴールもアシストもなかったが、MOMに相応しいプレーを見せた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ・6節]札幌 2-1 FC東京/4月8日(土)/札幌ド
 
 首都クラブに逆転勝ちを収めた試合で、札幌の(采配を振るった四方田修平監督も含め)選手たちの奮闘は凄まじかった。シュート数の差(札幌は20本、FC東京は8本)を机上に載せずとも、「圧倒した」と表現して過言ではないだろう。
 
  42分に同点弾を決めたジュリーニョ、正確無比な左足でCKからお膳立てをした福森晃斗、59分に逆転弾を沈めた都倉賢、ベテランらしい沈着冷静さで歓喜の瞬間をアシストした兵藤慎剛。
 
 それらと比較するのであれば、宮澤裕樹は平凡な記録を残しただけなのかもしれない。ゴールを挙げていない。アシストもつかない。「フルタイム出場、シュート1本、走行距離11.473km、スプリント回数15」というスタッツが目に入るだけ。
 
 だが、これはあくまで数字上の話だ。左膝前十字靭帯断裂、左膝内側半月板損傷、左膝外側半月板損傷という大怪我を負った深井一希に代わって、アンカーに起用された宮澤は、まるで「適性ポジジョンはここだ」と言わんばかりのパフォーマンスを披露した。
 
 恐れずに言いたい。マン・オブ・ザ・マッチは、キャプテンマークを巻いた男だった。10番を背負う男だった。敵の急所を射抜くキラーパスを、ネットを豪快に揺らすシュートを、驚愕する身体能力を、ボールホルダーをなぎ倒すような強烈な寄せを、そのどれも持っていない男が90分のなかで最も輝いていた。
 
 3-5-2の布陣で、中央にドンと構えている。バランスを崩さぬように、気の利いたポジショニングを取り続ける。自身のすぐ前にいるふたり(兵藤、荒野拓馬)と両ウイングバック(田中雄大、早坂良太)と連動してボールを刈る。単独でアタックして奪取する。
 
 攻撃時には、スペースに常に顔を出して最終ラインのパスの受けどころとなった。ボールを持てば相手の寄せに決して屈せず、左右に散らし、縦に通した。リズムを作り、味方が気持ち良くプレーできるような配慮も忘れない。
 
 もちろん、細かなミスは散見された。それは、「重箱の隅をつつくような」指摘でしかない。立ち姿は頼もしく、動きはダイナミックであり、また繊細だった。判断力に優れ、サッカーIQの高さを証明した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月24日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の変化度チェック
    吉田麻也・独占インタビューに
    クラブダイジェストは鹿島!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストVol.490
    8月17日発売
    ネイマール移籍の衝撃!!
    メガディールの舞台裏に迫る
    夏の「中間査定」「ラスト戦略」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月8日発売
    どこよりも早い決定版!
    2017-2018ヨーロッパサッカー
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月8日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 完結編 詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.21
    7月12日発売
    夏の決定版!!
    インターハイ選手名鑑
    男子出場全55チームを網羅
    1100選手の顔写真&データ満載
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24