Pick Up!

【日本代表】「みんなを笑顔で迎えられるように……」。途中離脱の長谷部がチームメイトに託した想い

カテゴリ:日本代表

小田智史(サッカーダイジェスト)

2017年03月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たに感じた右膝の痛み。「40~50パーセントくらいの力しか出せない」

離脱前に取材に応じた長谷部からは、チームメイトへの申し訳なさと故障の無念さが伝わってきた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト特派)

 3月シリーズのメンバー全25人が揃ったのも束の間、3月20日に長谷部誠の離脱が発表された。川島永嗣が「彼に代わるリーダーはいない」と評するように、不動のキャプテンが抜けた穴は大きい。長谷部はメディア対応への開口一番、「この大事な時期にチームを離れることになって、監督、選手、スタッフ、心配してくださるすべての方々に申し訳ない気持ちですし、悔しい気持ちもあります」と苦悩の言葉を綴った。
 
 3月11日のバイエルン戦で、クリアした際にゴールポストにぶつかり、左すねを6針縫う裂傷を負ったが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がメンバー発表会見で「すでにトレーニングを始めている」と話した通り、「火曜日(14日)には自転車も全然こいでましたし、そこまで問題はなかった」(長谷部)。
 
 しかし、水曜日(15日)にグラウンドに出て練習をこなし、木曜日(16日)にフルメニューを消化した際、「新たに右膝に痛みを感じた」と明かす。40パーセント、50パーセントくらいの力しか出せない状態のため、18日のリーグ戦前日にMRI診断を希望。結果、クラブが「手術が必要」、「無期限の離脱」と発表する事態となった。
 
 UAEに渡るにあたっては、ハリルホジッチ監督から「ディスカッションしたい」と申し出があり、長谷部も代表のチームドクターの見解を聞くため、フランクフルトに事情を説明してゴーサインを得たという。ただ、返ってきた答えは「君のサッカーに影響が出るようなリスクは背負わせられない」という酷なものだった。
 
「一人の患者として、セカンドオピニオン、サードオピニオンを聞くというのは、当たり前のことだと思います。個人的には、直前でチームを離れることにはやりきれない、断腸の思いがあって、自分の中で割り切れているかと言われれば、まだ割り切れていない部分もある」
【関連記事】
【日本代表】招集の賛否に本田が言及。「いつか外れるのが自然の摂理。でも、今は本望じゃない」
UAEの“ガーデンシティ”と称されるアルアイン。ハリルジャパンは中東の気候を攻略できるか?
【日本代表】長谷部離脱で山口がボランチの軸に。相棒は今野、髙萩? 香川という選択肢も
【日本代表練習|この1枚】「日本に希望を」。代表戦士を笑顔にさせたアブダビ日本人学校の生徒からのエール
【日本代表】ハリルジャパンに黄信号。長谷部の代役となるのは?
【日本代表】本田、長友、宇佐美の不可解な選出…「発言と行動が矛盾」ハリルに審判が下るのは――

Facebookでコメント

banner_pc_02_20170316.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2017年 J1&J2&J3選手名鑑
    2月8日発売
    サッカーダイジェスト責任編集
    NSK MOOK
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月23日号
    3月9日発売
    2017年J1&J2全40クラブの
    ファーストインパクト
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストNo.480
    3月16日発売
    大きな岐路に立つ最強チーム
    「バルサイズム」を取り戻せ
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.19
    1月13日発売
    第95回全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月9日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24