柴崎岳がついにテネリフェ・デビュー! 指揮官や現地メディアの評価は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年03月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電撃移籍から74日後、ついに公式戦のピッチに立つ。

テネリフェ移籍から約1か月半、柴崎がようやくスペイン・デビューを飾った。(C)Getty Images

画像を見る

 柴崎岳がついにスペイン・デビューを飾った。現地時間3月19日、リーガ・エスパニョーラ2部30節のテネリフェ対レウス戦で、74分から途中出場したのだ。
 
 1月31日に鹿島アントラーズからテネリフェに半年契約で加入した柴崎だが、わずか2日間のトレーニングで腹痛や嘔吐などによってダウンし、2月13日にはクラブが不安障害の可能性が高いと発表した。以降は治療に専念し、2月23日から個別練習をはじめ、3月2日には全体トレーニングに合流。3月12日のヘタフェ戦でようやく初のベンチ入りを果たしていた。
 
 このレウス戦は前半に先制点を奪われていたテネリフェがそのまま0-1で敗れたが、柴崎にとっては大きな第一歩。現地メディアの評価も悪くなかった。
 
「テネリフェ到着から47日後にデビュー。交代後、ゲームを作ろうと試みた。ホセ・ルイス・マルティ監督のローテーションの1人となった」(『デポルプレス』)
 
「中盤のまとめ役としてプレーし、判断力の良さを見せた」(『エル・ドルサル』)
 
「クラブワールドカップでレアル・マドリーを苦しめた鹿島アントラーズの英雄が、スペインでの物語をスタートさせた」(『マルカ』紙)
 
「エリオドロ(テネリフェの本拠地)は柴崎の登場を拍手で迎えた。デビュー戦では期待以上に良いパスを出し、プレーによく絡んでいた」(『アス』紙)
 
 もちろん、課題がなかったわけではない。『デポルプレス』は「中盤の中央に入ったが、敵にとって危険なプレーはできなかった。ポジションが後ろ過ぎた」と綴っているし、マルティ監督も次のように語っている。
 
「本来はもっと良い状況でデビューさせたかった。それでも良いパスを捌いていたね。ただ、ボールに触ろうと少し後ろに引きすぎていた。彼はまだチームやチームメイト、そしてヨーロッパのフットボールのことを学んでいる段階だ」
 
 いずれにしても、ようやくスペインで足跡を刻んだ柴崎。リーガ2部はAマッチウィークの中断もなく、テネリフェは3月26日にアウェーでカディス戦に臨む。パフォーマンスに要注目だ。

Facebookでコメント

201705151139_1.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月13日号
    6月22日発売
    2017 J1全18クラブ
    「夏の補強&改善ポイント」
    柏レイソル・ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストNo.486
    6月15日発売
    [移籍特集]
    新戦力候補とのマッチング診断
    メガクラブ「夏のベストチョイス」
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2017年 J1&J2&J3選手名鑑
    2月8日発売
    サッカーダイジェスト責任編集
    NSK MOOK
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.20
    5月12日発売
    2017高校サッカー
    逸材図鑑300選
    注目の男女・好タレントを一挙公開!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月8日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 完結編 詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24