Pick Up!

バルサがイニエスタに「2+1年」の契約延長オファー。引退後のポストも用意

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年03月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引退後はカンテラの責任者に就任か?

イニエスタは「2+1年」の契約延長に加え、カンテラの責任者に就任するというオファーも受け入れるのか。(C)Getty Images

 ネイマール、ルイス・スアレスに続き、3月10日にはイバン・ラキティッチとの契約更新も済ませたバルセロナ。彼らの次なるターゲットは、どうやら2018年6月で契約満了を迎えるキャプテンのアンドレス・イニエスタになるようだ。

 スペインの『マルカ』紙によれば、すでに2年間の契約延長(+1年延長のオプション付き)でイニエスタ側にオファー済み。さらに、今年5月で33歳を迎えるだけに、そこには引退後のオファーも含まれているという。

 クラブ側が現役引退後のイニエスタに望むのは、カンテラの責任者、つまり「トータルディレクター」のポストに就いてもらうことだ。

 イニエスタやシャビ、リオネル・メッシらを輩出した世界最高の育成機関「ラ・マシア」は、現在衰退の傾向にある。その証拠に、近年トップチームで確固たる地位を築いたカンテラーノは、セルヒオ・ブスケッツ(28歳)やジョルディ・アルバ(27歳)が最後。今シーズンはセルジ・ロベルトが健闘を見せるものの、現在のレギュラー陣を脅かすほどの人材は、残念ながらいまのカンテラには見当たらない。

 カンテラでプレーする少年たちにいま一度「バルサ流」を叩き込み、カンプ・ノウにふたたびバルサらしさを取り戻したい――。そう考えるクラブ首脳にとって、12歳からバルサ・カンテラでプレーし、18歳でトップデビューを果たして、チームキャプテンにまで上り詰めたイニエスタは、まさしく同ポストに適任なのだろう。

 バルサはイニエスタに正式に想いを届けたが、はたしてイニエスタはこのオファーに対し、どのような反応を見せるのか――。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

banner_pc_02_20170316.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2017年 J1&J2&J3選手名鑑
    2月8日発売
    サッカーダイジェスト責任編集
    NSK MOOK
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月23日号
    3月9日発売
    2017年J1&J2全40クラブの
    ファーストインパクト
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストNo.480
    3月16日発売
    大きな岐路に立つ最強チーム
    「バルサイズム」を取り戻せ
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.19
    1月13日発売
    第95回全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月9日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24