【浦和】満を持して先発した柏木が語る逆転負けの理由

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2017年02月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「後半は上手く行った部分があって、良い形で逆転できたけど、最後は……」

シャドーの一角としてプレーした柏木は、確かなテクニックを駆使して決定的な仕事を演出。しかし、チームとして結果を出せず、「悔しさが残る」と唇を噛んだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ開幕戦] 横浜F・マリノス 3-2 浦和レッズ/2月25日(土)/日産スタジアム
 
 左足を痛め、出場が危ぶまれていた浦和の柏木陽介だが、スタメンに名を連ね、2シャドーの一角としてピッチに立った。
 
 運動量はそこまで多くなかったが、足もとにボールが収まれば、高い確率で次につながるプレーを披露。とりわけ、相手のタイミングを外すダイレクトパスは見応え十分だった。
 
 しかし、本人の奮闘も勝利にはつながらず、2-3の逆転負けで開幕戦を落としてしまった。
 
「前半は上手くいかない時間が続いた。後半は立ちあがりからフォーメーションをいろいろといじって、上手く行った部分があって、良い形で逆転できたけど、最後は……」
 
 自らのスルーパスでラファエル・シルバの逆転ゴールをお膳立てした10番は、敗因を次のように語る。
 
「相手の勢いというか、シンプルに蹴って仕掛けてっていうところにやられてしまった。前半はダメだったけど、後半は自分たちの良い時間帯にしっかり逆転できたのに、負けてしまうのは良くない展開」
 
 自身は質の高いパフォーマンスを見せたが、チームは結果を残せなかった。それだけに「正直、悔しさは残ります」と、唇を噛み締めた。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜3-2 浦和 PHOTO】終盤の逆転劇で横浜が浦和を撃破!
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜 3-2 浦和|内容は浦和に軍配も“勝負強さ”で上回った横浜が点の取り合いを制す!
【浦和】繰り返された「安い失点」。西川と遠藤が語った対策とリーグ優勝への課題とは?
【浦和】興梠が柏木不在に言及。「自分の持ち味薄れた」とその影響を痛感
【磐田】「やりたいことの半分しかできなかった」と中村俊輔。一方で「勝点1以上の価値」と掴んだ手応えとは?
【横浜】「俊さんが背中で見せてきたように」。自然体の齋藤学が去年よりも逞しく見える理由
【川崎】新キャプテン小林が躍動! 4年連続での開幕戦ゴールには「予感があった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    7月19日発売
    永久完全保存版!
    ロシアW杯
    大会総集編
    全64試合を徹底レビュー
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月26日号
    7月12日発売
    総力特集
    躍進!! 日本代表
    世界16強の軌跡
    乾&集合写真ポスター付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月19日発売
    ロシアW杯
    出場32か国の
    通信簿
    欧州開幕直前企画も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24