【ゼロックス杯展望】鹿島×浦和|互いにACL開幕戦を控え主軸の先発起用は流動的。CS再戦で今季の幕開け!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年02月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島――元旦から約1か月半でシーズンインも指揮官は順調さをアピール。

FUJI XEROX SUPER CUP 2017
鹿島アントラーズ-浦和レッズ
2月18日(土)/13:35/日産スタジアム
 
鹿島アントラーズ
2016年:1位(年間勝点3位) 勝点59 18勝5分11敗 53得点・34失点
 
【最新チーム事情】
●先発メンバーには新加入4選手を組み込む考え。
●元旦から約1か月半で迎えるシーズン開幕戦。指揮官は「思ったより順調にきている」
●遠藤は「(昨季の)チャンピオンはレッズだったと思っている」と相手の力をリスペクト。
 
【担当記者の視点】
 鹿島の石井正忠監督は新加入選手4人を先発に送り込む考えだ。浦和戦を想定した実戦練習の主力組に、神戸から獲得したペドロ・ジュニオールをトップで起用。ボランチには新潟から加入のレオ・シルバ、左サイドバックには湘南から獲得した三竿雄斗、GKには韓国の全北現代から加入のクォン・スンテを入れた。
 
「この大会では5回優勝しているが、同じくらいの数負けている。しっかりクラブにタイトルを積み重ねたいと思っている」(石井監督)と勝利を目指す浦和戦。元旦の天皇杯決勝からわずか1か月半ほどで迎えるタイトルマッチだが、同監督は「トレーニング期間があまりないなかでの調整になったが、思ったより順調にきている。新加入選手のチームへの溶け込み方、慣れの部分も思ったより早くできた」と手応えを口にし、新戦力に関しても自信を持って送り出す。
 
 昨年のJリーグ王者を決めるチャンピオンシップでは、浦和をアウェーゴールの差で上回り、7年ぶりの王者に返り咲いた。ただ、遠藤康は「浦和は年間1位の勝点をとったチーム。自分たちが優勝しましたけど、僕自身はチャンピオンはレッズだったと思っている」と相手を評し、ゼロックス杯では「チャレンジャー精神で戦っていきたい」と口にした。また、試合のポイントに関して、「ビッグクラブとの試合ではセットプレーが大事になってくると思います」と話した。
 
 3日後にはACL初戦が控えるなかで、メンバー選考を含めて難しい試合になる。土居聖真は「圧倒して勝てればベストだけど、まずは勝つことが大前提。新しく入った選手とも良い形を作れると思う。(リーグ開幕が)楽しみと思ってもらえるようなサッカーをしたい」と試合を見据えた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24