Jスカウト大注目の前橋育英が新たな船出。名将・山田監督はあえて“悪夢”を呼び覚ました

カテゴリ:高校・ユース・その他

川端暁彦

2017年01月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1-0ながらライバル校を相手に内容で圧倒

群馬・新人大会の準々決勝。桐生一との一戦は田部井悠(8番)の決勝点で前橋育英がモノにした。写真:川端暁彦

画像を見る

新生・タイーガー軍団の主将に指名されたのが田部井涼。中盤の中軸も担う。写真:川端暁彦

画像を見る

 1月22日、太田市運動公園サッカー場で開催された群馬県高校サッカー新人大会。その準々決勝で、前橋育英高校の新チームがベールを脱いだ。
 
 正月の第95回高校サッカー選手権で決勝まで勝ち残ったチームのレギュラーから過半数が残った。「『やりたい』という気持ちはあったと思うけれど、あえて休ませた。ここで休ませないと、あとで辛くなるのは分かっているから」(山田耕介監督)と、ここまでのステージでは彼らを温存。フルメンバーで初めて臨む実戦の機会となった。
 
 相手はFW鈴木武蔵(現アルビレックス新潟)らを輩出し、近年ライバル校として着実に力を蓄えてきた桐生一。冬の武者修行期間で流経大柏を破るなど名を上げており、こちらも腕試しの一戦となる。会場にはJクラブスカウトの姿もあるなど、県新人大会の準々決勝ながら、特別な注目度をもって迎えられた。
 
 ディフェンスラインがそのまま残った4バックに加えて、攻撃的MFの田部井悠(2年)、10番のFW飯島陸(2年)が選手権のチームから残り、さらに本大会で控えに回ったものの、昨季は先発していた時期もある田部井涼(2年)が主将として、そして司令塔として仕切る。新たに先発を張る選手たちも「高さもあれば、強さもあるので、成長を期待している」と指揮官が語る大型FW宮崎鴻(2年)など個性派揃い。陣容は間違いなく全国でも指折りだろう。
 
 試合は田部井悠が決勝点を挙げ、前橋育英が1-0の勝利を飾ったが、内容の差は歴然。「これは強いですよ。ちょっとここまで回されるとは思わなかった」と敵将・田野豪一監督も脱帽するほかなかった。
 
 ただ、経験豊富な指揮官は「自信を持っている選手が残っているのは頼もしいけれど、それが過信になり、やがて慢心となるリスクも大きい」と、主軸に2年生の多いチームが最終学年を迎えたときの「怖さ」を熟知する。「競争がなくなってしまってはいけないし、そこは特に気を付けていきたい。1年生にも面白いのが何人もいますからね」と、メンバーは固定せず、競争させながら伸ばしていく考えだ。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ助っ人列伝 1993-2017
    9月20日発売
    ジーコからポドルスキまで──
    過去25年間の歴代外国人選手
    総勢1916人を一挙紹介!
    オリジナルWCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月26日号
    10月12日発売
    3大テーマから探る
    J1&J2全40クラブの
    補強戦略
    クラブダイジェストは札幌!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト  責任編集
    9月8日発売
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    欧州選手名鑑の完全決定版!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストVol.494
    10月19日発売
    ポジション別
    「タレントランキング」
    近未来のアンカーも厳選!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.21
    7月12日発売
    夏の決定版!!
    インターハイ選手名鑑
    男子出場全55チームを網羅
    1100選手の顔写真&データ満載
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24