Pick Up!

英国遠征中の青森山田が本場アカデミーと互角の戦い! 敵将も「素晴らしい組織力」と称賛

カテゴリ:高校・ユース・その他

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2017年01月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体格では明らかに相手が上だったが。

相手の大柄なCBと競り合うエースの鳴海。怯まず球際で戦った。写真:ナイキ

先発では唯一の2年だったGK坪は数々のビッグセーブでチームを救った。写真:ナイキ

 JFAとナイキのサポートを受けて、1月16日からイングランド遠征中の青森山田高校。高円宮杯U-18プレミアリーグと全国高校選手権の二冠を達成した日本ユース最強軍団が、現地時間18日午後2時、FA所有のトレーニングセンター、セント・ジョージズ・パークでプロ養成所『ナイキアカデミー』との試合に臨んだ。
 
 ユニホームは通常のグリーンではなく、JFAの『JFA Youth & Development Programme』特別モデルを着用した青森山田は、お馴染みの4-1-4-1システムを採用。廣末陸(3年/FC東京入団)とMF高橋壱晟(3年/ジェフ千葉入団)、MF郷家友太(2年)などが遠征不参加で、GKの坪歩夢(2年)と飯田正弘(1年)以外は3年生だけの中、キャプテンのMF住永翔をはじめ、インターハイと選手権でダブル得点王に輝いたFW鳴海彰人、左サイドの要であるDF三国スティビアエブス(3年)などの主力が先発に名を連ねた。
 
 日本のユース基準では大型選手が多い青森山田だが、この日は相手の方が体格では完全に上。それでも序盤から積極的にプレスを敢行して試合のペースを掴み、12分には鳴海がミドルでファーストシュートを放った。さらに30分にはコンビネーションから小堀雄大がフィニッシュし、34分と36分にも鳴海がゴールに迫るなど、前半はやや押し気味にゲームを進めた。
 
 後半も序盤こそ青森山田がやや主導権を握ったが、その後はナイキアカデミーが猛攻。55分、60分、68分、75分、83分と立て続けに決定機を作られた。それでもGKの坪と飯田(78分から出場)のビッグセーブと相手のミスに助けられる形で何とか耐え凌ぐ。
 
 86分には小山新のクロスを受けた鳴海が、ペナルティーエリアやや左よりの位置からボレーシュートを狙うがボールはバーの上。最後はペナルティーエリア手前の嫌な位置で直接FKのピンチを迎えたが、これも何とか防ぎ切って、そのままスコアレスドローで試合終了のホイッスルが鳴った。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月13日号
    3月16日発売
    2017年版J1&J2戦術ガイド
    攻守のメカニズムを徹底分析
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストNo.482
    4月20日発売
    移籍マーケットのからくり
    複雑怪奇な世界を解き明かす
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2017年 J1&J2&J3選手名鑑
    2月8日発売
    サッカーダイジェスト責任編集
    NSK MOOK
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.19
    1月13日発売
    第95回全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月9日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24