内田篤人が練習試合でアシストを記録! 指揮官にアピール成功

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年01月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァインツィール監督は14日の試合でも内田起用を明言。

大きな問題もなく45分間プレーした内田は、後半戦に向けて順調にアピールを続けているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本代表DFの内田篤人が所属するシャルケは、ブンデスリーガの前半戦を11位で折り返し、現在スペインのベニドルムでミニキャンプを行なっている。そして、1月10日にベルギーのオーステンデと練習試合を行なった。

 膝の怪我を克服し、昨年12月に1年9か月ぶりに公式戦復帰を果たした内田は、1-1で迎えた後半からピッチへ。すると、キックオフ直後にいきなり魅せる。  

 左サイドのセアド・コラシナツからのクロスボールを、ペナルティーエリア内に攻め上がって頭でゴール前に落とし、エフゲン・コノプリャンカがボレーによるゴールをアシストしたのだ。
 
 その後も、右ウイングバックとしてプレーした内田は、何度か前線に顏を出しながら、守備にも貢献するなど、試合終了までほぼノーミスで安定したパフォーマンスを披露。後半戦に向けたレギュラー争いの中で、大きなアピールとなったはずだ。
 
 内田本人も試合後に「これからもこのユニホームで長い間プレーできることを願ってる。今は1週間の合宿が終わって、筋肉痛を抱えている。だけど、これは普通のこと」とドイツ紙『WAZ』に対して応えた。
 
 マルクス・ヴァインツィール監督は試合後、「内田は最後の練習試合でも出場させるつもりだ。まだ取り戻さなければいけないものが残っているのでね」と1月14日に行なわれる練習試合での起用を明言した。
 
 なお、シャルケは1月11日にドイツに戻り、同14日に3部クラブのケムニッツと練習試合を行ない、1月20日に行なわれるインゴルシュタットとのブンデスリーガ再開戦(17節)に備えることとなっている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    3月22日発売
    ロシアW杯・出場32か国
    戦術&キープレーヤー
    完全ガイド
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月26日号
    4月12日発売
    2018年シーズン J1リーグ
    スキル別最新ランキング
    絶好調の広島&山口を大特集!
    インタビューは伊東純也が登場
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月19日発売
    「データ」で読み解く
    チャンピオンズ・リーグと夏の移籍
    欧州4強大解剖
    メガ「ポジション別・需要と供給」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24