【浦和】シフトする強化方針。「育てて勝つチーム作り」に本腰を入れる

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年12月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでの目立った動きは、新潟のラファエル・シルバの一本釣りに成功したのみ。

岡山で2年間の武者修行をした矢島の来季復帰が決定。「この決断が間違っていなかったと思えるように、より意識を高く持ってプレーします」と決意を示す。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

 即戦力クラスの選手を次々と獲得し“冬の移籍マーケットの主役”を担ってきた浦和が、今年はその座を譲っている。今後サプライズ発表がある可能性は残すものの、クラブの強化方針には明らかに変化が見られる。来季に向けて、レンタル(期限付き移籍)中だった矢島慎也(岡山)や長澤和輝(千葉)らの復帰が決定。「育てて勝つチーム作り」に本腰を入れて着手しようとしている。
 
 近年この時期に“大物獲り”の話題を提供してきた浦和だが、今季これまでの目立った動きは、新潟のFWラファエル・シルバの一本釣りに成功したのみ。確かにインパクトのある補強だ。とはいえ来日3年目にして初めてふた桁ゴールを決めた24歳のブラジル人アタッカーは、もちろん即戦力ではあるものの、さらなる成長を見込んでの獲得と言える。
 
 他には期限付き移籍中だった、矢島と長澤、さらに鳥取に育成型期限付き移籍をしていた福島春樹の復帰も発表されている(11月に右膝前十字靱帯断裂および半月板損傷で、全治8か月の重傷を負う)。まだ天皇杯を勝ち残っている湘南の岡本拓也のレンタルバックも濃厚だ(同じく11月に反復性左肩関節脱臼で全治4か月と診断)。
 
 浦和の山道守彦強化本部長は2016年の新加入選手記者会見の席上、クラブの強化と育成のバランスの難しさについて、次のように語っていた。
 

【関連記事】
クリロナ、ベンゼマ、ベイル…よりも鹿島の昌子が熱望し、実現した「同学年」との対決とは?
浦和の選手はMVPに誰を選んだのか? 投票結果と理由を公開
【Jアウォーズ】ベストイレブンを発表! 西川、槙野など浦和勢から最多4名が選ばれる
【CS決勝第2戦|採点&寸評】浦和×鹿島|金崎が“王者”の輝きを放つ2ゴール。一方、PK献上、パワープレー不発の槙野に最低点
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
悲劇に見舞われたシャペコエンセが来年8月に浦和と対戦決定! スルガ銀行チャンピオンシップで来日
【浦和】移籍を明言した永田充。指揮官もフランツと呼んだ実力派CBがこの6年に思うこと

Facebookでコメント

201705151139_1.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月8日号
    5月28日発売
    J1&J2全40クラブの
    若手稼働率ランキング
    クラブダイジェストは東京V
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストNO.484
    5月18日発売
    決定!!
    2016-2017シーズンの
    BEST PLAYER
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2017年 J1&J2&J3選手名鑑
    2月8日発売
    サッカーダイジェスト責任編集
    NSK MOOK
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.20
    5月12日発売
    2017高校サッカー
    逸材図鑑300選
    注目の男女・好タレントを一挙公開!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月9日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24