【浦和】柏木陽介の涙――稀代の司令塔が導く常勝軍団への道

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2016年10月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「これをきかっけにポンポンポンとタイトルを獲れるようなチームに」

「泣くと思ってなかったけど……涙が出てきた」。ミシャ・チルドレンとして、やっとタイトルを手にした想いが溢れ出た。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ルヴァン杯決勝] G大阪1(4PK5)1 浦和/10月15日/埼玉スタジアム2002
 
「考えていた以上に、半分くらいの選手がミシャ(ペトロビッチ監督)に向かっていたから、『周ちゃん(西川周作)と(遠藤)航をほったらかしにするのは失礼やろ』と。でも、ベンチからこっちに走ってきている選手もいたから」
 
 広島時代から“ミシャ・チルドレン”として寵愛を受けた柏木陽介は、集まった大勢の記者の笑いを誘うような言葉を投げ掛けた。
 
 ただ、当事者として冷静さを保って優勝の景色を眺めていたわけではない。ベンチ前で指揮官と「言葉なく」抱擁を交わしたし、誰よりもタイトルを届けたかっただけに、万感の想いが去来したに違いない。
 
「泣くと思ってなかったけど……涙が出てきたね。浦和にはタイトルを獲りに移籍してきたわけだから。それをやっと成し遂げられた」
 
 しかし、喜びに浸るのも当日だけだ。「(優勝を)遅かったなと感じている。これをきかっけにポンポンポンとタイトルを獲れるようなチームになっていく。この優勝は成長の証のひとつ」と次を見据えている。
 
 年間勝点1位、チャンピオンシップ制覇、その先に続く常勝への道を、稀代の司令塔と浦和は歩み始めた。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTOギャラリー】浦和がPK戦を制し13年ぶり2度目の戴冠

10月13日発売号ではJ1・第2ステージ残り3節の見どころを特集。中村憲剛選手のインタビュー、楢﨑正剛×田口泰士選手の対談に加え、J1・500試合の偉業を達成した阿部勇樹選手のストーリーにも迫ります。クラブダイジェストはC大阪。

画像を見る

Facebookでコメント

Soccer_JLeague_open_0223_300x250_samurai_DG_A.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月7日発売
    全54クラブを網羅した決定版
    2018 Jリーグ名鑑
    特製クリアファイル付き
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月8日号
    2月22日発売
    2018年シーズン
    J1&J2リーグ 開幕ガイド
    豪快解説陣が徹底順位予想
    中村憲剛×小林悠対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月15日発売
    2017-2018 欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    今シーズンの最終陣容決定!
    メガクラブの「戦術解説」付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24