【G大阪】勝利後の新名物「ガンバ・クラップ」!? EUROで有名となった「ヴァイキング・クラップ」を取り入れ、遠藤保仁は「良いか悪いか分からないけど…」

カテゴリ:Jリーグ

大木 勇(サッカーダイジェスト)

2016年07月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EURO2016を通じて有名となった「ヴァイキング・クラップ」が、Jリーグに進出。

キャプテンの遠藤を先頭に、リズムに合わせて選手たちとサポーターが手拍子し、最後は心をひとつにした。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 第2ステージ6節G大阪対広島戦後、G大阪サポーターとG大阪の選手たちが一体となって行なった“勝利の儀式”は、これから新名物となりそうだ。

【G大阪 1-0 広島 PHOTO】阿部の値千金のミドルシュートをG大阪が守りきって勝利を掴む!

 スタンドのサポーターに向きったG大阪の選手たちが両手を広げ、リズムに合わせて頭上で手を叩く。すると徐々にそのテンポが速まり、最後はサポーターと選手の手拍子がひとつとなり、心もひとつになった。
 
 これは6月10日から7月10日まで開催されたEURO2016で、大会の目玉となった儀式を取り入れたものだ。通称「ヴァイキング・クラップ(チャント)」「サンダー・クラップ」と呼ばれ、アイスランド代表が披露し、EUROを通じて一躍有名となった。
 
 一部報道によれば、発祥はスコットランドのクラブ、マザーウェルとされ、対戦相手だったアイスランドのクラブが取り入れ、代表のセレブレーションとして定着したという。
 
 そんなヴァイキング・クラップが、いまやJリーグにまで進出。G大阪や横浜が第2ステージで見せているのは、まさにそれだった。
 
 キャプテンの遠藤保仁は、新たな勝利の儀式について「サポーターの方から要望が来たので、それをやっただけ」と、さほど興味はなさそうな雰囲気を漂わせたが、一方でこう続けている。
 
「(新たしい勝利の儀式が)良いか悪いかは知らないですけど、せっかく良いスタジアムですし、どのチームもああいうのをやっていないので、新しいものをトライしながら、ああいうのをやり始めるのはいいことなのかなと思います」
 

Facebookでコメント

Soccer_JLeague_open_0223_300x250_samurai_DG_A.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月7日発売
    全54クラブを網羅した決定版
    2018 Jリーグ名鑑
    特製クリアファイル付き
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月8日号
    2月22日発売
    2018年シーズン
    J1&J2リーグ 開幕ガイド
    豪快解説陣が徹底順位予想
    中村憲剛×小林悠対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月15日発売
    2017-2018 欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    今シーズンの最終陣容決定!
    メガクラブの「戦術解説」付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24