【広島】25分間でシュート5本! 上々のJデビューを飾ったアンデルソン・ロペスが浅野拓磨の穴を埋める

カテゴリ:Jリーグ

大木 勇(サッカーダイジェスト)

2016年07月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

A・ロペス「デビュー戦はすごく嬉しかったけど、チームが負けてしまったので残念」。

7月10日に加入した広島の新助っ人、アンデルソン・ロペス(44番)。65分、宮吉に代わって投入され、上々のJデビューを飾った。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る


 リーグ連覇のキーマンとして期待される22歳のブラジル人FWが、上々のJデビューを飾った。

【G大阪 1-0 広島 PHOTO】阿部の値千金のミドルシュートをG大阪が守りきって勝利を掴む!

 7月10日、ブラジル1部のトンベンセから広島に期限付き移籍したアンデルソン・ロペスは、第2ステージ6節のG大阪対広島戦でベンチ入り。そして65分、宮吉拓実に代わって途中投入された。
 
 185センチの長身アタッカーは、積極的にボールを受けてドリブルを開始。「少ないチャンスを活かして、しっかりフィニッシュにまで持って行くのを意識していた」という。
 
 投入直後、挨拶代わりのミドルシュートをすぐさま放つと、「アオさん(青山)から、どんどん打って行けと言われていた」というA・ロペスは、積極的にシュートを放って脅威を与えた。
 
 G大阪の丹羽大輝は「新外国人に関しては、あまり情報がなかった。左足のシュートがあるから、晃太郎に左をケアしてくれという話はしていた。それでも2、3本打たれてしまった」と振り返る。
 
 主に右サイドに開いてボールを受けると、左足でボールをコントロールしながら鋭くカットイン。左足の強烈なシュートをお見舞いし、G大阪が左足を警戒していると見るや、今度はシュートフェイントを入れてドリブルで抜きにかかるなど、裏を突く老獪なプレーも光った。
 
 当の本人は「デビュー戦はすごく嬉しかったけど、チームが負けてしまったので残念な気持ちでいっぱいです」と悔しさを滲ませたが、ダイナミックな仕掛けは迫力十分。90分を通して広島のスタイルにフィットするかは未知数だが、機能すればアーセナルに移籍した浅野拓磨の穴は十分に埋まるはずだ。
 
【関連記事】
G大阪サポーターが広島の清水にブーイング攻撃。本人は「特に気にならなかった」
【G大阪】昨季王者を撃破した阿部浩之の絶妙ミドル。「最近はシュートが当たっていた」
【G大阪】丹羽大輝が怠慢プレーのパトリックに憤怒。「そこをあやふやにするのはダメ」
【J1採点&寸評】G大阪×広島|芸術的決勝弾の阿部が最高点! 米倉、金の奮闘も評価
【G大阪】勝利後の新名物「ガンバ・クラップ」!? EUROで有名となった「ヴァイキング・クラップ」を取り入れ、遠藤保仁は「良いか悪いか分からないけど…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24