【G大阪】丹羽大輝が怠慢プレーのパトリックに憤怒。「そこをあやふやにするのはダメ」

カテゴリ:Jリーグ

大木 勇(サッカーダイジェスト)

2016年07月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「そのへんは本人にも言っているし、チームとして戦っていこうと」

広島戦後、静かに怒りを露わにした丹羽。交代選手のプレーに対して厳しく要求した。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 第2ステージ6節のG大阪対広島戦後、静かに怒りを露わにしたのがG大阪の丹羽大輝だった。表情こそ穏やかだったが、言葉には力がこもっており、発するコメントには怒りの感情が滲み出ていた。

【G大阪 1-0 広島 PHOTO】阿部の値千金のミドルシュートをG大阪が守りきって勝利を掴む!
 
「代わった選手が役割を考えて入って、それまで一生懸命やった選手のプレーをつながないと。1-0で勝ったけど、理想は2-0、3-0で勝つことだったし、(交代は)そういう健太さんの攻撃的なメッセージだったと思う」
 
 そして、こう続けた。
 
「そのへんは本人にも言っているし、チームとして戦っていこうと。勝ったからこそ気を引き締めて。そこをあやふやにするのはダメだと思うので」
 
 本人とは、アデミウソンに代わって69分から出場したパトリックのことだ。最前線に入りボールを受ける回数は多かったが、簡単にボールロストして逆にカウンターの機会を与えた一方、守備でも途中出場とは思えないチェイシングで相手に自由を与えた。
 
「広島に高さがないのは分かっていたわけで、そっちのストッパーのほうで競れば間違いなくヘディングで勝てるし、ヘディングで逸らせればそこでタメができる。そういう意味を込めての交代だったと思う。そのへんを本人が汲み取ってやっていかないと」(丹羽)
 
 今のG大阪に足りない要素のひとつが「したたかな部分」だと丹羽は指摘する。
 
「上位を目指すとか、優勝するとか、隙を作らないチームになるためには、したたかな部分が必要だと思う。広島さんが今まで勝てていたのは、そういうしたたかな部分で、ちょっとしたところで上回れていたからこそだと思う」
 
【関連記事】
G大阪サポーターが広島の清水にブーイング攻撃。本人は「特に気にならなかった」
【G大阪】昨季王者を撃破した阿部浩之の絶妙ミドル。「最近はシュートが当たっていた」
【広島】25分間でシュート5本! 上々のJデビューを飾ったアンデルソン・ロペスが浅野拓磨の穴を埋める
【J1採点&寸評】G大阪×広島|芸術的決勝弾の阿部が最高点! 米倉、金の奮闘も評価
【G大阪】勝利後の新名物「ガンバ・クラップ」!? EUROで有名となった「ヴァイキング・クラップ」を取り入れ、遠藤保仁は「良いか悪いか分からないけど…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24