G大阪サポーターが広島の清水にブーイング攻撃。本人は「特に気にならなかった」

カテゴリ:Jリーグ

大木 勇(サッカーダイジェスト)

2016年07月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同カードで過去に起きていた小競り合いと乱闘騒ぎ。両方に絡んだのが清水だった。

3バックの左で先発した広島の清水。ボールを持つ度に、G大阪サポーターから強烈なブーイングが飛んだ。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 広島の清水航平がボールを持つ度に、吹田サッカースタジアムは異様な空気に包まれた。清水がボールを触ると、G大阪サポーターが呼吸を合わせたかのように大ブーイング。試合開始から終了まで、その“ブーイング攻撃”は続いた。

【G大阪 1-0 広島 PHOTO】阿部の値千金のミドルシュートをG大阪が守りきって勝利を掴む!

 15年5月の広島対G大阪戦において、岩下敬輔と清水が小競り合いを起こして揉めると、今季第1ステージ13節の広島対G大阪戦でも、今野泰幸と清水の競り合いから両軍が入り乱れる乱闘騒ぎが起きていた。その両方に絡んでいたのが清水だったのだ。
 
 第2ステージ6節のG大阪対広島戦で、清水は3バックの左で先発。本来ウイングバックを主戦場とするが、不慣れなポジションでも守備に細心の注意を払って対応。的確なポジション取りで上手くG大阪の攻撃を阻止していた。
 
 52分に不運な形で失点を喫したなか、目の前でシュートを打たれた清水は「失点のところを除けば、そんなにチャンスを作らせていなかったですし、しっかり戦えていたのかなと思う。でもああいうところで、試合を落とした」と、ワンプレーを悔やんだ。
 
「前半はチャンスを作れていたし、決めるところで決めていれば、また展開は変わったと思う。続けることが大事だと思うので、切り替えてやっていきたい」
 
 そう前向きなコメントを残した一方、記者陣から「ボールを持つ度にあれ(ブーイング)だったけど?」と質問が飛ぶと、清水は「そうですね……」と数秒の間を置き、複雑そうな表情を浮かべ、重い口を開き始めた。
 
【関連記事】
【G大阪】丹羽大輝が怠慢プレーのパトリックに憤怒。「そこをあやふやにするのはダメ」
【G大阪】昨季王者を撃破した阿部浩之の絶妙ミドル。「最近はシュートが当たっていた」
【広島】25分間でシュート5本! 上々のJデビューを飾ったアンデルソン・ロペスが浅野拓磨の穴を埋める
【J1採点&寸評】G大阪×広島|芸術的決勝弾の阿部が最高点! 米倉、金の奮闘も評価
【G大阪】勝利後の新名物「ガンバ・クラップ」!? EUROで有名となった「ヴァイキング・クラップ」を取り入れ、遠藤保仁は「良いか悪いか分からないけど…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24