【浦和】ベストはどこか? ボランチ、ストッパー、リベロ…U-23日本代表主将・遠藤航の活用3パターンを徹底検証する

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年02月02日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

活用パターン1/「ボランチ」として新たな壁を築く

U-23代表ではボランチとして起用されてきた遠藤。A代表にも名を連ねる万能守備者は、様々なポジションでプレーが可能だ。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

もしも遠藤がボランチに固定されれば、柏木のシャドー復帰も十分にあり得る。(C)SOCCER DIGEST

 類稀なボール奪取力、「守」から「攻」への素早い切り替えと展開力、そして強烈なキック――。それらを武器に、遠藤航は昨季まで6シーズン在籍した湘南では右ストッパーを主戦場にリベロもこなし、そしてリオ五輪の出場権を掴んだU-23日本代表ではボランチとしてプレーしてきた。

 では、新天地となる浦和で、それらのストロングポイントをどのように活かすべきか。また、浦和が採用する3-4-2-1でのベストポジションは一体どこなのか? 3つの活用パターンを検証する。

活用パターン1/「ボランチ」として新たな壁を築く

 U-23日本代表では主将を務めるとともに、不動のボランチとしてチームを支えてきた。強靭な守備力が買われて中盤の「壁」となり、ボール奪取後には攻撃の起点役も担う。

 移籍交渉の席に立ち合ったペトロヴィッチ監督から遠藤本人にも、ボランチ起用を考えていることが伝えられている。となれば阿部が最終ラインに入るか、柏木がシャドーに復帰するか、いずれかが検討される。

 有力なのは、後者か。ボランチと3バックによる守備組織がしっかり構築されれば、柏木がより攻撃に集中できて、チーム全体としても昨季以上の得点力と守備力のアップが見込める。

 また、「浦和対策」で5バックを敷く守備的なチームには柏木をボランチに置いた攻撃的布陣、勝負に徹する場合には阿部&遠藤の守備重視のコンビにするなど、対戦相手や状況に応じた選択も可能になるなど戦いの幅は間違いなく広がる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2017年 J1&J2&J3選手名鑑
    2月8日発売
    サッカーダイジェスト責任編集
    NSK MOOK
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月9日号
    1月26日発売
    2017年シーズンJ1&J2
    戦力充実度ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストNo.478
    2月16日発売
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.19
    1月13日発売
    第95回全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月9日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24