メガクラブ垂涎のモンスター、ポール・ポグバをフィジカル的視点で徹底解剖!

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2015年10月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卓越したドリブルスキルの秘密は――。

今シーズンからユベントスで10番を背負うポグバのプレーをフィジカル分析のスペシャリストが紐解く。 (C) Getty Images

画像を見る

 今夏に複数のメガクラブが争奪戦を繰り広げた超人気銘柄で、市場における取引額は1億ユーロ(約140億円)は下らないとされているのが、ポール・ポグバだ。
 
 弱冠22歳にして、名門ユベントスの10番を背負い、その存在感はワールドクラスの域にも近づきつつある。
 
 10月18日のインテルとのイタリア・ダービーでもユーベの成否を握るに違いないフランス人MFは、いかなる特徴を持っているのか。
 
 専門家によるフィジカル的視点からそのプレーを徹底解剖する。
 
――◆――◆――
 
 188センチの長身ながら身軽でボールタッチは繊細。ドリブル、トラップ、パス、シュートの技術が、いずれも群を抜いている。
 
 とくに注目に値するのが、ドリブルのスキル。エラシコやマルセイユルーレット、クライフターンなど高難度の技を使いこなす。足技に関しては、文句のつけようがない。
 
 さらに体幹の強さとスピードを生かし、進行方向にポーンとボールを蹴り、相手の裏を取って、抜くといったプレーにも長けている。パスやシュートの精度も、ユベントスに入団した12年当時よりも成長している印象だ。
 
 特筆すべきは、ボールをキープする際のストライドの広さ。脚の長さを活かして「BOS(支持基底面)※」を広範囲に確保できるため、自身の懐にボールを置く状況を瞬時に作り出せるのだ。これが次のプレーや展開への正確性にも繋がっている。
 
 また体幹がアップライト(直立)に保たれており、周囲の視野を素早く確保できる。そうした特徴が、状況判断の良さを支えている要因の一つだろう。
 
 ボールを進みたい方向へ正確に落とすトラップの技術も、ポグバのストロングポイントだ。流れるようなプレーが可能となり、相手よりワンテンポ早く次の動作に移行できるうえ、加速態勢にもスムーズに入れるのだ。
 
 トラップで驚かされるのは、他の選手では届かないような範囲のボールを、脚のリーチを生かして難なくコントロールしてしまうところ。これは股関節の可動域の広さに加え、足首の柔軟性があってこそだ。
 
※BOS(支持基底面)=地面と接している身体の部分を結んだ領域。立っている場合は両足を広げている幅の面。この支持基底面が広いほど態勢は安定し、また重心が基底面の中にあることで立位が保たれる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    3月22日発売
    ロシアW杯・出場32か国
    戦術&キープレーヤー
    完全ガイド
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月26日号
    4月12日発売
    2018年シーズン J1リーグ
    スキル別最新ランキング
    絶好調の広島&山口を大特集!
    インタビューは伊東純也が登場
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月19日発売
    「データ」で読み解く
    チャンピオンズ・リーグと夏の移籍
    欧州4強大解剖
    メガ「ポジション別・需要と供給」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24