【日本代表|エリア別検証】単調なサイド攻撃は問題だが、より深刻なのは香川と岡崎の連携不足だ

カテゴリ:日本代表

五十嵐創(サッカーダイジェスト)

2015年09月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相手の虚を突くようなアイデアが欠けていた。

一本調子でクロスを上げ続けた酒井宏は、ドリブルでエリア内に持ち込む選択肢も持つべきだった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト編集部)

画像を見る

 シンガポールですら4点を奪ったカンボジア相手に3得点――。勝点3という最低限の結果は得たものの、内容に目を向ければ日本代表のパフォーマンスは褒められたものではなかった。なぜ、攻撃が思うように機能しなかったのか。ここでは、エリア別にカンボジア戦でのプレーを振り返り、課題を検証していく。
 
2015.9.3 W杯アジア2次予選 第2戦|日本 3-0 カンボジア

【右サイド|右SBの酒井宏は、エリア内にも侵入すべきだった】
 前半の日本の攻撃は、明らかに右サイドの比重が高かった。ボランチの長谷部や山口を経由して本田にボールが入るとタメができ、その間に右SBの酒井宏が外側を回る。多くの時間帯で見られたこうした動きで、カンボジアに脅威を与えていたのは間違いないだろう。
 
 実際にチャンスの数は多かった。開始間もない12分に酒井宏がフリーでクロスを上げ、22分には裏のスペースを突いた本田も長谷部へのグラウンダーのパスで決定機を演出している。カンボジアのマークが緩慢だったため、少なく見積もっても5回は右サイドを崩してチャンスにつなげていた。
 
 とはいえ、いずれの場面でもネットは揺れていない。あれだけ放り込めば、どれかは点につながりそうなものだが、単調なクロスを繰り返すばかりで、中央で待ち構える3バックに撥ね返され続けたのである。
 
 カンボジアは3バックがエリア付近にへばりついてカバーリングの意識が欠如していたため、サイドでは常に2対2の状況が生まれていた。個人技術の差を考えれば、クロスまで持ち込むのは決して難しくない状況だ。
 
 それでもゴールを演出できなかったのは、相手の虚を突くようなアイデアが不足していたからだろう。とりわけ、何度も高い位置まで進出していた酒井宏は、もう一歩踏み込んでエリア内に侵入するなど、工夫が必要だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月7日発売
    全54クラブを網羅した決定版
    2018 Jリーグ名鑑
    特製クリアファイル付き
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月8日号
    1月25日発売
    2018 J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    鹿島復帰の内田篤人が
    インタビュー&ポスターに登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月15日発売
    2017-2018 欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    今シーズンの最終陣容決定!
    メガクラブの「戦術解説」付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24