手嶋真彦 新着記事

31179_ext_03_0.jpg

【ミラノ・ダービー|採点&寸評】3得点のイカルディがMOM! ボヌッチらミラン守備陣は…

【インテル|チーム&監督 採点&寸評】チーム 7ブロゾビッチとマリオの欠場で中盤の厳しいやりくりを強いられるなか、ダービーを制する。ミランがアタッカーを増やした後半は劣勢に回り、二度同点とされなが... 続きを読む

27705_ext_03_0.jpg

【なでしこ転身秘話】「できない自分」を受け入れる――メンタルトレーナー後藤史がスペインで掴んだ"自己肯定感"のハグ組み方

 価値あるマイノリティの取り組みを紹介する連載企画――。今回注目したのは、自己肯定感をキーワードとして目標達成をサポートするメンタルトレーナー。異国で進路を見定めた元なでしこリーガーだ。 ―――◆... 続きを読む

27567_ext_03_0.jpg

「女性に勇気を与える仕組みを」――オールなでしこ“十文字FC”の仕掛け人、石山隆之の考える未来とは?

 価値あるマイノリティの取り組みを紹介する連載企画――。「女性は人口の半分」と語るサッカー指導者にして学園型地域総合スポーツクラブの仕掛け人、石山隆之が思い描く未来とは? ―――◆―――◆―――  ... 続きを読む

27774_ext_03_0.jpg

天皇杯での胸熱くなる光景。清水の人々はなぜ「いわきFC」に力いっぱいの拍手を送ったのか

 清水エスパルスのファン一人ひとりに、聞いて回ったわけではない。しかし聞かずとも、心の動きは伝わってきた。  聞こえてきたのは拍手の響き。やがてスタジアム中が共鳴し合い、万雷となる。しかも、スタン... 続きを読む

24621_ext_03_0.jpg

【ミラノ・ダービー採点&寸評】スソが長友に苦戦するも2ゴールに絡む!

【インテル|採点&寸評】チーム 5.5指揮官の選手交代策が裏目に出た負の影響もあり、結局2点のリードを守り切れず。同点ゴールを奪われたのはロスタイムの97分で、限りなく黒星に近い引き分けだ。連敗... 続きを読む

20417_ext_03_0.jpg

混迷したインテル新監督人事…ピオーリ招聘までの舞台裏とは?

 最初に“当確”と報じられたのは51歳のスペイン人指揮官、マルセリーノ・ガルシア・トラルだった。ビジャレアルを率いた昨シーズンはリーガ・エスパニョーラでいわゆる&ldqu... 続きを読む

18160_ext_03_0.jpg

【川崎】中村憲剛が宇宙と生交信する理由。川崎が仕掛けるスポーツによる幸せ作りとは?

 ロシアの宇宙船ソユーズは、無事に飛んでいるだろうか?  川崎フロンターレのプロモーション部部長、天野春果は気が気でなかった。打ち上げられたソユーズに、日本人の大西卓哉宇宙飛行士が搭乗していたからだ... 続きを読む

18044_ext_03_0.jpg

なぜマンチーニとインテルは、開幕直前になって契約解除に至ったのか?

 イタリア時間の8月8日に正式発表されたロベルト・マンチーニとインテル・ミラノの契約解除は、関係破綻の末の避けがたい必然に映る。双方が徐々に不信感を募らせ、とうとう限界に達したのだ。  今夏のプレ... 続きを読む

17607_ext_03_0.jpg

湘南前社長の大倉智が立ち上げた新クラブ。「いわきFC」が提唱するサッカーの本当の価値とは?

 大倉智が容認しがたい違和感に襲われたのは、J1リーグのある試合が終わった直後だった。 TVの映像は、僅差の勝利を収めた側の監督の様子を捉えていた。大倉は目を疑った。監督があからさまに脱力してい... 続きを読む

17597_ext_03_0.jpg

【育成年代の深層】ロクFCが掲げる普遍の哲学。結果至上の対極を行く”下手な子”ほどピッチに立てる大会とは?

 たとえ下手でも、サッカーは大好き――。そんな子どもたちを輝かせる少年サッカーの大会がある。極論すれば、下手な子ほどピッチに立てる大会だ。 「普段は試合に出ていない子どもたちを、なるべく出すように... 続きを読む

201805081216_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24